地元の粗大ゴミ回収業者をネット調べで業者に依頼

粗大ゴミって、もともと大型製品ですが、これって購入するときも大変ですし、不要になって捨てる時も、その処分に困りますよね。
粗大ゴミですからとても大きいので自分ではどうすることもできません。
しかも、勝手に無断で捨てるわけにも行きません。はっきり言って高いゴミです。
そこで、地元の粗大ゴミ回収業者をネット(粗大ごみ回収24時)調べ、キリン産業さんに依頼。
ネットで調べたら、キリンのマークがあり、何となく、このマークに惹かれてしまいました。
そして、業者に連絡をしてさっそく回収してもらうことにしたのです。
連絡したその日に担当の人が家まできて状況を確認し、次の日曜日に大型のトラックにのってきました。
そして粗大ゴミはたくさんあったのですが、とても手際よく作業してくれて、最初の見積もりよりも安くなったのです。
粗大ゴミ回収についてなにもわからなかったのですが、今回は非常に良い業者にあたったと思いました。
業者の人が懇切丁寧だったのでまたなにかあったときには依頼しようと思っています。

杉並区にお住いの方は「杉並粗大ごみ受付センター」が便利!

粗大ごみはできるだけ早く処分してしまいたいもの。杉並区に在住の方なら粗大ごみ受付センターをご利用になると便利です。

私は粗大ごみが出るとすぐにセンターに電話して引き取りに来てもらっています。

有料の粗大ごみ券を買って来て粗大ごみに貼る手間はありますが、確実に処理してもらえそうで信頼度が高いので、もっぱらこのセンターを利用しています。

このセンターでは、家庭から出る家具や家庭用品などのうち、最大辺が約30センチメートルを超えるもので、220センチメートル以内のものが対象となります。

例としては布団、タンス、椅子、テーブル、ソファーなどですが、テレビやパソコンなどの家電製品は受け付けてもらえません。家電製品については家電リサイクル法にもとづき、家電リサイクルセンターなどで処分をしてもらうことになります。

粗大ごみの収集については事前予約制で有料となるので、収集希望日の4日以上前までに申し込み、「粗大ごみ券」を購入して家具などに貼り、あとは引き取りに来るのを待つだけです。

粗大ごみはやはり邪魔なものですから「ごみとして出してしまおう!」と決めたら、すぐに受付センターに電話をして引き取り予約を入れてしまうのも手かもしれませんね。(了)

服など諸々を2ndストリート幸手店で売りました。

転職を機に、住み慣れた街から引っ越すこととなり、必要なくなった大型の家具や家電製品、洋服など諸々を2ndストリート幸手店で売りました。

思った以上の値段で買い取られたもの、逆に全く値段が付かなかったもの、色々ありました。印象に残ったものを以下に挙げます。

最も高値が付いたのは本棚です。東急ハンズで二万円ほどで買ったウッド調のものだったのですが、状態が良いこともあり五千円の値段が付きました。
無印良品の電気ストーブはたったの五百円でした。ほとんど使わなかったし、こんな安い査定でがっかりしました。

しかし、特に期待外れだったのが洋服類です。Tシャツやポロシャツなどは、使用感があることを理由に、ほぼほぼ値段が付きませんでした。唯一、ベースボールキャップは二千円ほどの査定がつき、嬉しかったことを記憶しています。

総じて、2ndストリートのスタッフの方は親切かつ親身に対応してくれました。また機会があれば利用したいと思っています。

引っ越しの際セカンドストリートに食器棚を処分したいが買い取ってもらいました。

引っ越しの際セカンドストリートに食器棚を処分したいが買い取ってもらえるか問い合わせしました。

自分たちでは運べない為、買い取れる時は買い取ってくれるという事だったので査定に来てくれる事になりました。直接家に訪問に来てくれました。

傷や表面も剥がれ落ちたりしていたので、買い取りは無理だろうと思っていました。引っ越しの日に男性スタッフが訪問。その際に処分に困っている、何とかしたいと相談すると、30円で良いなら持って行ってくれると言われました。

粗大ごみに出すとお金が逆にかかってしまうし、ごみに出すにも大きく思い為私には不可能でした。思ってもみなかった返答だったので喜んで30円で買い取ってもらえました。

実際に店舗に赴くことなく処分することができました。そのあとはきれいに拭いて、男性スタッフが運び持ち帰ってくれました。

時間も指定していた為遅れる事もなく、スムーズな対応で助かりました。何より引っ越し業者が来る前に終わり、無事に新居に引っ越す事ができました。